当院の小児歯科
Pediatric Dentistry

当院の小児歯科の特徴

お子さんの気持ちを大切にした診療を心がけております。お子さんが初めて来院される時は、痛みが強い場合や緊急のとき以外はすぐに治療を始めることはしません。まずは歯医者さんに慣れてもらうところからスタートしましょう。

歯医者さんが苦手な大人の方も多いと思います。それは過去に歯科治療で痛かったり怖かったりした経験があるからではないでしょうか。当院ではお子さんに楽しく通院していただくために、お子さんの気持ちに寄り添いやさしく診療にあたっています。こちらでは、子供を歯医者嫌いにしないコツをご紹介しますので、保護者の方にもご協力いただければ幸いです。

『歯医者さんに行く前』編
伝える お子さんにも心の準備が必要です。あらかじめ、歯医者に行くことを話しておきましょう。痛くなってから行くよりも、痛くない時から予防で通うことで歯医者さんのイメージが大きく変わり、協力が得られやすくなります。
ウソをつかない 「何もしないよ」「痛くないから」などと、安易にウソをつかないようにしてください。実際に違うことが起きると、子供はだまされた気持ちになり、その後は通院したがらなくなってしまいます。分からない場合は、「歯医者さんに聞こうね」と伝えましょう。
タイミング 小さなお子様は大人に比べると体力がありません。午後になってくると疲れたり眠くなったり、どうしても我慢が出来なくなってきます。お昼寝やおやつの時間は避けてご予約をおとりください。おすすめの時間は午前中です。
  • 歯医者さんに行くことを伝える。
  • ウソをつかない。
  • 機嫌のいい時間に。
『歯医者さんに来てから』編
リラックス ご家族の方が緊張していると、お子さんも不安になってしまいます。まずはご家族の方がリラックスするよう心がけましょう。
聞かない お子さんが心配になってつい話しかけてしまいますが、あまり声をかけすぎないようにしましょう。特に「痛くない?」と聞くとお子さんは「痛い」という言葉に無意識に不安になってしまいます
褒める 診察後には「よくできたね!」「いい子だったね!」「よくがんばったね!」とたくさんほめてあげましょう。お子さんに自信がついて、今後の治療もがんばれるようになります。
  • ご家族の方がリラックスを。
  • 「痛くない?」と聞かない。
  • たくさんほめてあげる。
『治療が終わってから』編
褒める お家に帰ったら、ご家族みんなでほめてあげましょう。たくさんの人にほめられることで、お子さんに自信がつきます。
叱らない もし治療がうまく受けられなかったとしても、あまり叱らないでください。口をあける練習などをしながら、次回はがんばれるように励ましてあげましょう。
伝える 次回の予定を話しておいてください。カレンダーにかわいいシールを貼るなどして、楽しいイメージをつけてあげましょう。
  • みんなでほめてあげる。
  • できなくても叱らない。
  • 次回の予定を伝える。

診療内容

WEBから予約する 電話をかける