当院の矯正歯科
Orthodontic

当院の矯正歯科治療の特徴

歯並びがデコボコだったり、歯と歯の間に隙間があり正しくかみ合っていないことを『不正咬合』と呼びます。不正咬合は遺伝など先天性の要因や、舌や姿勢の癖が大きく関係する場合は、自然に治ることはありません。むし歯や歯周病のように歯磨きで予防することが出来ないため、矯正歯科での治療が必要となります。小児期からの矯正治療は、歯の生え変わりと顎の発育を予測することが重要で、大人の矯正治療が必要となる場合もあるため、成人の矯正治療経験がある医院での治療が望ましいでしょう。

精密な診断

治療計画で大切なことはより精密な診断を行うことです。
当院ではicat社製のCTセファロを導入しているため、顎骨内に過剰歯や埋伏歯が認められたり、顎関節に異常を認めた場合には院内で追加の検査を行うことが出来ます。
患者さんの時間の制約や手間を大幅に軽減することが可能になりました。

日本矯正歯科学会 認定医

院長は歯科医師免許取得後、大学院で矯正歯科分野の研究を行いながら、
大学病院矯正科で矯正歯科治療を専門に行う歯科医師として勤務し、
日本矯正歯科学会認定医の資格を取得。平日・土曜・日曜など曜日を問わず、矯正歯科治療を提供いたします。

患者さまに合った治療計画の提供

歯並びは患者さんそれぞれ異なり、要望も異なります。患者さんに合わせた治療を提供します。
私自身、子育てを経験する中で保護者様の不安な気持ちも経験しています。お子さんが矯正治療を行う上で、保護者様の気持ちを理解するよう努力いたします。
不安な点がございましたらどんな些細なことでもご相談ください。

小児期からの包括的な治療

小児矯正は歯の生え変わりと顎骨の成長を予測することが大切です。小児歯科専門医院で勤務した経験を踏まえ、お子さんの矯正治療期間を短くするために定期健診を行いながら矯正治療開始のタイミングを見極める努力をいたします。
また、小児期は虫歯の進行が早いため、当院に在籍する小児歯科を専門に行う歯科医師と連携し、虫歯予防を含めた治療を提供いたします。

子供の矯正歯科

歯の生え変わる時期に適切な矯正治療を行うことで、将来の歯並びを良い状態へ誘導することができます。遺伝的な影響が大きい場合は永久歯列期の矯正治療が継続して必要となる場合がございます。当院では様々な矯正装置の中からお子さんにあった矯正治療法を診断することにより、負担が少なく、なるべく歯を抜かずに、期間を短くするように努めております。
子供の矯正歯科へ

大人の矯正歯科

歯と歯茎が健康であれば矯正治療に年齢は関係ありません。患者さまの希望に合わせて、表側や裏側、目立たないタイプ、取り外しタイプなどをご用意しております。治療後は保定やメインテナンスが必要になりますので、予防や、希望される場合はホワイトニングについてもご相談下さい。
大人の矯正歯科へ

歯並びの種類

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)になる理由

一般的に出っ歯と呼ばれている状態は、単純に歯が前に出ている場合と、上顎の骨が前に出ている2つのケースがございます。それぞれ骨格の遺伝であったり、お口周りや舌の筋肉の緊張・癖によるもの、指しゃぶり、爪や箸を噛む癖が原因であるものなど、複雑に絡み合っています。出っ歯の原因がどこにあるのかを正しく診断することはとても重要になります。

出っ歯(上顎前突)の矯正方法

筋肉や習癖が原因であれば、習癖の除去や筋機能の改善が主な治療法になります。これらの治療は本人とご家族の協力が非常に重要となります。一緒に頑張りましょう。遺伝的な要素が大きい場合は、永久歯が生え揃う中学生以降に本格的な矯正治療が必要になります。

出っ歯(上顎前突)の症例

Case.01
主  訴 『歯が前に出ている』
年   齢 16歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 上顎第一小臼歯抜歯
治療期間 1年4ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.02
主  訴 『前歯が出ている』
年   齢 24歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年3ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)になる理由

単純に歯の生える方向が逆になっている場合と、下顎の骨が前に出ている2つのケースがございます。それぞれ骨格の遺伝であったり、お口周りや舌の筋肉・癖によるもの、上下の歯の早期接触が原因であるものなど複雑に絡み合っています。受け口の原因がどこにあるのかを正しく診断することはとても重要になります。

受け口(反対咬合)の矯正方法

歯の生える方向に問題があり、お口周りや舌の筋肉・癖によるもの、上下の歯の早期接触が原因であるものに関しては、小児期に適切な治療を行うことで改善が期待できます。多くは取り外し装置や上顎の裏側の固定装置を使用します。遺伝的な要素が大きい場合は、身長の伸びが止まる高校生以降での本格的な矯正治療が必要になります。

受け口(反対咬合)の症例

Case.01
主  訴 『下の歯が前に出ている』
年   齢 20歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 2年3ヶ月
治療費用 80万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.02
主  訴 『前歯が反対』
年   齢 34歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年6ヶ月
治療費用 65万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.03
主  訴 『前歯が逆になっている』
年   齢 64歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年3ヶ月
治療費用 60万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.04
主  訴 『前歯が反対』
年   齢 6歳
使用装置 舌側弧線装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 3ヶ月
治療費用 6万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.05
主  訴 『顎がずれている』
年   齢 21歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯、上下顎骨切り術
治療期間 3年0ヶ月
治療費用 保険適応
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.06
主  訴 『前歯が反対になっている』
年   齢 23歳
使用装置 舌側矯正装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 2年3ヶ月
治療費用 95万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

上下顎前突

上下顎前突になる理由

上下顎前突は、単純に歯が前に出ている場合と、上下の顎の骨が前に出ている2つのケースがございます。それぞれ骨格の遺伝であったり、お口周りや舌の筋肉の癖によるもの、口呼吸が原因であるものなど、複雑に絡み合っています。モンゴロイドでは骨格的に上下顎前突が多いともいわれています。まずは上下顎前突の原因がどこにあるのかを正しく診断することはとても重要になります。

上下顎前突の矯正方法

口が閉じづらく歯が乾燥したり、横顔の審美面が気になる場合は、抜歯を伴ったマルチブラケット装置とワイヤーを用いた本格矯正で歯の位置を後ろに下げる必要があります。後方にスペースが多くあり、歯を抜くほどではない場合は、後方に押して前突を改善していきます。

上下顎前突の症例

Case.01
主  訴 『他院で非抜歯矯正をして歯が前に出てしまったのを治したい』
年   齢 21歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 上下顎第一小臼歯抜歯
治療期間 1年11ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)になる理由

すきっ歯は空隙歯列と呼ばれ、歯の本数が生まれつき少ない場合や、一つ一つの歯の大きさが小さい場合、舌で歯を前方に押す力が強く、筋肉のバランスが崩れていることが原因となります。まずは原因がどこにあるのかを正しく診断することはとても重要になります。

すきっ歯(空隙歯列)の矯正方法

小学生頃、混合歯列期であれば、お口や舌の筋肉のバランスを改善するトレーニングを行います。永久歯列期では筋機能矯正装置や、マルチブラケット装置とワイヤーを用いた本格矯正で改善を行います。

すきっ歯(空隙歯列)の症例

Case.01
主  訴 『前歯が開いている』
年   齢 9歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 9ヶ月
治療費用 30万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.02
主  訴 『すきっ歯』
年   齢 54歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年6ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

乱杭歯(凸凹)(叢生)

乱杭歯(凸凹)になる理由

歯がデコボコに並ぶ一番の原因は、歯と顎の大きさのバランスが崩れていることです。顎の大きさは普通でも一つ一つの歯が大きかったり、歯の大きさが普通でも顎がスリムで小さかったりすると、叢生になります。原因がどこにあるのかを正しく診断することはとても重要になります。

乱杭歯(凸凹)の矯正方法

歯が内側に倒れている場合は歯を外側に起こす拡大矯正を行います。顎の拡大限界を超えてしまっている場合は、永久歯列期での本格矯正治療が必要となります。日本人を含むアジア人は欧米に比べ歯が大きく顎に奥行きも無いため、すべての方に非抜歯治療を出来ないのが現状です。当院ではなるべく歯を抜かないで治療するように心掛けておりますが、メリットデメリットを考慮したうえでより良い治療方針を提案させて頂いております。

乱杭歯(凸凹)の症例

Case.01
主  訴 『八重歯が擦れて痛い』
年   齢 22歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 上下顎第一小臼歯抜歯
治療期間 2年3ヶ月
治療費用 80万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.02
主  訴 『ものが噛みにくい』
年   齢 31歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 上下顎第一小臼歯抜歯
治療期間 2年6ヶ月
治療費用 80万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.03
主  訴 『前歯のでこぼこを直したい』
年   齢 26歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年3ヶ月
治療費用 60万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.04
主  訴 『歯がでこぼこしている』
年   齢 19歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 上顎第一小臼歯および下顎左側癒合歯抜歯
治療期間 1年10ヶ月
治療費用 80万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.05
主  訴 『前歯がでこぼこ』
年   齢 23歳
使用装置 アライナー型 カスタムメイド矯正歯科装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年2ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.06
主  訴 『前歯が不揃いで気になる』
年   齢 18歳
使用装置 アライナー型 カスタムメイド矯正歯科装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年6ヶ月
治療費用 75万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.07
主  訴 『前歯のでこぼこ』
年   齢 19歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年6ヶ月
治療費用 65万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

開 咬

開咬になる理由

前歯が上下で噛めない開咬は、舌を前方に押す力が強く、筋肉のバランスが崩れていること、指しゃぶりの癖、骨格的に噛む力が弱いことなどが原因となります。まずは開咬の原因がどこにあるのかを正しく診断することが重要になります。

開咬の矯正方法

小学生頃、混合歯列期であれば、お口や舌の筋肉のバランスを改善するトレーニングを行います。永久歯列期では、マルチブラケット装置とワイヤーを用いた本格矯正で改善を行います。

開咬の症例

Case.01
主  訴 『前歯で噛めない』
年   齢 29歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯、上下顎骨切り術
治療期間 3年6ヶ月
治療費用 保険適応
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
Case.02
主  訴 『前歯で物が噛めない』
年   齢 19歳
使用装置 マルチブラケット装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年2ヶ月
治療費用 65万
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

過蓋咬合

過蓋咬合になる理由

上下でかみ合わせが深く、噛んだ時に下の歯が見えにくい状態を過蓋咬合と呼びます。筋肉のバランスが崩れていること、日常の姿勢、骨格的に噛む力が強いことなどが原因となります。まずは過蓋咬合の原因がどこにあるのかを正しく診断することが重要になります

過蓋咬合の矯正方法

小学生頃、混合歯列期であれば、お口の筋肉のバランスを改善するトレーニングや筋機能矯正装置を用いた治療、重度であればマルチブラケット装置とワイヤーを用いた矯正治療で改善を行います。

過蓋咬合の症例

Case.01
主  訴 『下の歯がでこぼこ』
年   齢 9歳
使用装置 筋機能矯正装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 1年6ヶ月
治療費用 30万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×

交叉咬合

交叉咬合になる理由

上下の顎の幅が整っていない場合や、口呼吸、舌を上に持ち上げる力が弱い、舌の小帯(ヒダ)の形状に問題がある、歯が生える隙間がなく横に向かって生えてくるなどの原因があります。まずは交叉咬合の原因がどこにあるのかを正しく診断することが重要になります。

交叉咬合の矯正方法

それぞれの原因に合わせた治療法を行います。上下の顎の幅が整っていない場合は状況に応じて固定式または取り外し式の装置を用いて幅を合わせます。筋肉や癖が原因であればその改善を図ります。小帯の問題が大きいときは小帯の切除を行うこともありますので正確な診断をしましょう。

交叉咬合の症例

Case.01
主  訴 『前歯が開いている』
年   齢 8歳
使用装置 急速拡大装置
抜   歯 非抜歯
治療期間 10ヶ月
治療費用 30万円
副作用・リスク 清掃不良によるう蝕、歯周炎および炎症性の症状、後戻りなど
×
治療前に掛かる費用
初診相談 3,000円(通院中の方、ご家族の方は無料)

歯並びの気になるところなどを詳しくお聞かせ下さい。
歯並びの状態、口元、顔貌などから不正咬合の種類、状態、治療方法、治療期間、治療費などについて、
不正咬合の治療例を見ていただきながらご説明いたします。
矯正検査料 40,000円

X線写真・口腔内写真・顔面写真・歯型模型採取・歯周病検査・顎運動検査などの資料をお取りします。
歯科用CT撮影 10,000円(必要な方)

顎の関節の状態や過剰埋伏歯などCT検査が必要と認められ、患者さまが希望される場合行います。
診断料 0円

当院では診断料は検査料に含まれておりますので追加の費用はございません。検査でお取りした資料を分析し、患者さまにとって最善の治療方法について治療計画書をお渡ししてご説明いたします。
小児矯正歯科の費用
(乳歯列期・混合歯列期の矯正治療)
1期矯正 150,000~300,000円
* 乳歯列期・混合歯列期(骨格のコントロール)
2期矯正 450,000~750,000円
* 永久歯列期
成人矯正歯科の費用
(永久歯列期歯が生え揃ってからの治療・咬み合わせの再構築)
マルチブラケット装置 750,000円
* 表側矯正。当院の矯正は原則クリア(透明)タイプのブラケットを用います。追加の審美費用は頂きません。
ハーフリンガル
マルチブラケット装置
900,000円
* ハーフリンガル(上顎は裏側、下あごは表側)
リンガルブラケット
矯正装置
1,100,000円
* フルリンガル(上下顎ともに裏側)
マウスピース型
カスタムメイド矯正装置
400,000~850,000円
* 矯正歯科装置(インビザラインなど)。症例により適応できない場合がございます。
部分矯正 60,000~400,000円
* 限局矯正
治療中に掛かる費用
装置除去料、保定装置料 0円
* 基本料金に含まれておりますので、装置除去時に追加の費用は頂きません。
矯正調整料 治療・保定中:4,000~5,000円
裏側の矯正中:8,000円
矯正PMTC 5,000円 /1回(必要に応じて)
* PMTCとは、専門的機械歯面清掃 Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医院専門の器具で行なうメンテナンスです。
抜歯が必要な場合 6,000〜8,000円/1本(永久歯)
* 抜歯の難易度に応じて変動します。

※価格は全て税抜きです。上記金額に別途消費税がかかります。

WEBから予約する 電話をかける